小弓の庄は明治40年ごろ建築の旧加茂郡銀行羽黒支店を移築した 復原施設で国の登録有形文化財。羽黒地区のまちづくり・むらおこしの 活動拠点で、地域情報の発信交流の基地です。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 29 >>

5月24日(水)小弓の庄布ぞうり作り講習会第1回を開催しました  (2017.5.24)

パーマリンク 2017/05/24 17:57:02 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 小弓の庄自主事業, 催事企画イベント, 地域の年中行事

https://www.youtube.com/watch?v=YcEaJDSFx88 おかげさまで小弓の庄恒例行事となりました、布ぞうり作り講習会の第1回目を、平成29年5月24日(水曜日)午後1時から開催しました。
*
参加申し込み開始日初日にほぼ定員いっぱいのお申し込みをいただき、第2回目の5月28日(日曜日)の参加をおすすめさせていただいた次第です。
*
犬山市内外一円からのご参加。ありがとうございました。

平成15年にわらぞうり作り講習会を始めて以来、途中で布ぞうり作り講習会へ衣替えしながら、続けてまいりました。のべ300名を超える受講生の皆さまのご支援ご協力に感謝します。
今後ともよろしくお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=YcEaJDSFx88

国指定天然記念物ひとつばたご自生地が満開です(2017.05.17)

パーマリンク 2017/05/17 17:53:26 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 地域の情報, 地域の四季

https://www.youtube.com/watch?v=RFd-EugZAQw

天然記念物(なんじゃもんじゃ)ひとつばたご自生地として、1923年(大正12年)3月7日に国指定天然記念物・樹木の部指定第1号となった「ひとつばたご」が満開の時期を迎えた。
 ことしは地温が低くやや遅めに開花し始めた。5月14日にNHK,朝日新聞、中日新聞に、16日には毎日新聞に“満開見ごろ”と報じられたこともあり、連日遠くからも見学者が訪れている。

樹高約14mのものはじめ全部で7本のヒトツバタゴが指定されている。モクセイ科の落葉高木。花は純白で長細い円錐状の花を小枝の先に付ける。満開時には高木全体がまるで雪が降り積もったような姿になる。花の名を知らない人々が「なんじゃもんじゃ」の樹と江戸時代に呼んだという。
*
国から天然記念物に指定された「ヒトツバタゴ」の自生地分布は、ここ愛知県犬山市池野字西洞と、岐阜県で、瑞浪市釜戸町、恵那市笠置町、中津川市蛭川という木曽川中流域に限られる。のちに長崎県対馬市上対馬町鰐浦でも自生地が確認され指定された(1928年)
ことしの満開時の様子をつぎのサイトで観られます(約16分間)。
https://www.youtube.com/watch?v=RFd-EugZAQw

小弓の庄布ぞうり作り講習会を開催。受け付け開始は5月17日。 (2017.05.15)

パーマリンク 2017/05/15 21:10:10 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 小弓の庄自主事業, 催事企画イベント, 地域の年中行事

恒例の小弓の庄:布ぞうり作り講習会 受講者募集のお知らせです。
受講申し込みの受付開始日は平成29年5月17日(水曜日)午前9時から小弓の庄の事務所窓口でで受け付けます。窓口へ直接申し込み、またはお電話で受け付けます(月曜日休館)
ことしも 講習会を二度開催します。どちらかを選んでお申し込みください。
(内容は初心者向けで、どちらの開催日も同じ内容です)
各回とも募集人員は15名です。先着お申し込み順。定員になり次第締め切りとさせていただきます。

開催日時:第1回平成29年5月24日(水曜日)午後1時から3時間程度
    :第2回平成29年5月28日(日曜日)午後1時から3時間程度
会場:小弓の庄1階和室 畳の上で座って制作します。
参加費:500円(材料費)
講師:地元在住の”お師匠さん”たち
持ち物:①裁縫用のはさみ②ものさし30㎝程度のもの③洗濯はさみ5個程度・作り込みのとき布ひもを一時留めます

宇野藤雄画伯が小弓の庄で共同通信社の取材を受けられました。(2017.04.26)

パーマリンク 2017/04/26 20:15:56 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: クチコミお知らせ, 地域の情報

きょうは宇野藤雄画伯がお客様とご一緒に、小弓の庄宇野藤雄画伯コーナーにご来館されました。

お客様は日本を代表する通信社:時事通信社の編集局の和田氏。時事通信社は米AP通信、英ロイター通信など海外大手通信社とならぶ通信社で、かつ互いに提携し合って、世界各国のマスコミ各社に報道ニュースを配信提供している。国内でも新聞社向け新ニュース配信システムをいち早く構築して運用した通信社。各社はニュースの第一報は時事通信社(Jiji)(Jiji.com)ものでまず報道し、その後自社の取材ニュース情報で報道をつなげることがよくみられるほどに高い評価をうけている通信社。

和田記者は運動部記者で、フィギュアスケート担当の第一人者。とくに宇野昌磨選手の出場する大会はすべての大会の現地現場で取材し発信して、世界を駆け回っておられる。
現地現場から送り出される宇野昌磨選手の密着取材記事は世界に配信され、ファンもインターネットJiji.comサイトで居ながらにして拝読できる。そのご当人がご来館となりました。

お二人はご縁席コーナーで画伯の作品レプリカ、著作、画集なども手にしながら、画家として、またアスリートとして極みを探究するありようなど、話しがすすむ・・。

世界を舞台とする宇野画伯、宇野選手、そして極みの奥を取材される和田記者のご活躍を願ってやみません。ご来館ありがとうございました。

宇野藤雄画伯コーナー。TV局の取材を受けました。  (2017.04.22.)

パーマリンク 2017/04/22 19:24:48 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 小弓の庄自主事業, ロビー展示, クチコミお知らせ, 地域の情報, その他

平成29年4月22日(土)小弓の庄1階「宇野藤雄画伯コーナー」がテレビ局の取材を受けました。
来訪したのはテレビ東京(TV東京)系プロダクションKのFデイレクター、プロヂューサー、カメラマン。
TV東京がゴールデンウイーク中に放送予定のスペシャル番組第7弾:くりーむしちゅーの!で、アスリート同士が質問し合う「レジェント・クエスチョン」。
筋書きのないスポーツで予想外の「伝説」を打ちたてた選手を紹介する3時間ものの取材。
*
フィギュアスケートの「宇野昌磨選手」の祖父は画家で、その作品は世界各地の著名な美術館に収蔵される。”日本美”を追求するその画風は、各国の美術展で受賞を重ねる屈指の洋画家。

地元犬山市の小弓の庄にミニギャラリーがあり、著作や画集など事績の一端を公開している、ということで取材となった。
宇野藤雄画伯の作品「風神雷神」(30号)などの撮影も行われた。
平成27年3月に小弓の庄開館15周年特別企画・個展「宇野藤雄画伯の世界」の記録なども取材。

放送は平成29年5月6日土曜日19時からテレビ東京(中京テレビ系)で放送された。
宇野昌磨選手がフィギュアスケートを始めたきっかけは、5歳のとき。名古屋のスケートリンクで滑っていたら、浅田真央選手が「フィギュアをやらない?!」と声をかけて誘ったから。ソレ本当、という逸話。それ以来浅田真央さんは宇野昌磨選手を「弟に欲しい!」ほどに目にかけている・・

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 29 >>

 犬山市羽黒地区の、まちつくり・むらおこしの地域活動拠点が「小弓の庄」です。
 この地方は奈良・平安時代には藤原氏の荘園で「小弓が荘(庄)」と呼ばれた。東に八層の森・入鹿池・尾張富士を仰ぎ、五条川・半の木川の水に恵まれています。弥生の時代から水田稲作文化が育まれ、竹林・里山の恵みも豊かな故郷を、子どもたちにつなぐ思いを綴ります。

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

16ブログ     powered by b2evolution