小弓の庄は明治40年ごろ建築の旧加茂郡銀行羽黒支店を移築した 復原施設で国の登録有形文化財。羽黒地区のまちづくり・むらおこしの 活動拠点で、地域情報の発信交流の基地です。



ページ: << 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 37 >>

羽黒コミ提供:「早春健康ウォオーク」3月25日に開催   (2017.03.05.)

パーマリンク 2017/03/05 16:48:03 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 羽黒げんき・羽黒コミ, 地域の情報, 地域の出来事

来たる3月25日(土曜日)午前10:00から12:00(雨天中止)。羽黒コミュニテイ推進協議会(健康福祉部会)主催で羽黒三川周回「早春健康ウォーク」が開催されます。
集合場所はJA羽黒支店駐車場(9:30受付)。参加費無料。
参加申し込みは、犬山市役所羽黒出張所(Tel 0568-67-0004)先着30名まで。
*
ウォーキングコースは、五条川~新郷瀬川~半ノ木川を周回。7Kmほど。
ウォーキング後、ヘルシーおでんの配布あり。
当日問い合わせは長谷川さんまで(090-2133-4870)

「さくら工房ミニ作品展」開催中 3月1日~3月5日 (2017.03.01.)

パーマリンク 2017/03/01 17:12:13 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: ロビー展示, 地域の情報

小弓の庄展示室で、「さくら工房ミニ作品展」が開かれております。犬山市健康館:さらさくらに在る「さくら工房」の各講座の内容紹介作品が一堂に展示されています。
さくら工房では平成29年度4月~9月前期受講生を募集中。募集期間は3月1日から~13日まで。申し込みはさらさくら健康推進課窓口へ。または電話で(0568-63-3800)。
教室は16教室。
犬山焼陶芸、同夜間陶芸、陶芸ろくろ専科。刺繍、マクラメ、ステンドグラス、絞り染め物、アートフラワー。デコパージュ、生け花、レザークラフト、トールペイント、カリグラフィー、おもちゃの科学、手づくりあそび。

CCNet12で 羽黒子ども未来園園児作品展が紹介されました。 (2017.02.24.)

パーマリンク 2017/02/24 10:53:10 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 小弓の庄自主事業, ロビー展示, 地域の情報, 地域の出来事

https://www.youtube.com/watch?v=_9y2EUXobbc 地上デジタル12チャンネルのCCNet12春日井ケーブルテレビの、地域の出来事を報道するニュースコーナー”Cステーション”で、本日2月24日金曜日、小弓の庄で開催中の「羽黒子ども未来園 園児作品展」が開催中と紹介されました。ニュースが放送されいる様子を、Web版小弓の庄たよりの動画コーナーに公開しました。ご視聴ください。
https://www.youtube.com/watch?v=_9y2EUXobbc

八百津町へ視察研修に出かけました   (2017.02.22.)

パーマリンク 2017/02/22 23:17:52 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 小弓の庄自主事業, その他

立春は過ぎたとはいえ、まだまだ晩冬きびしい2月22日(水)に、小弓の庄企画運営委員会では ことしも視察研修に出かけました。
 http://www.town.yaotsu.lg.jp/top.cfm 
岐阜県加茂郡八百津町。50年ほど前には人口2万人余でにぎわった町も、今では1万1500人ほど。
世界中に知られる八百津町出身の外交官:杉原千畝さんの「杉原千畝記念館」。世界から訪ねてくる来館者への対応の体制と工夫など学びます。ユネスコ「世界の記憶遺産」登録申請中。今年には審査結果が出て登録が期待されます。
http://sugihara-museum.jp/

木曽川水系最初の本格的発電所として建設された八百津発電所。明治44年竣工の”木曽川発電所”。大正6年には放水路発電所を増設、八百津発電所と改称。昭和49年には発電所は運転休止。平成10年には国の重要文化財に指定。平成19年には「地域活性化に役立つ近代化産業遺産」に認定された。

現在は「旧八百津発電所資料館」。館内には「木曽川筏と錦織綱場」「くらしと産業・まちの歴史」のコーナーも併設される。機知に富んだ当番職員さんのお話しに惹きこまれながら、学びました。
http://www.town.yaotsu.lg.jp/contents/view.cfm?id=384&g1id=3&g2id=12

<< 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 37 >>

 犬山市羽黒地区の、まちつくり・むらおこしの地域活動拠点が「小弓の庄」です。
 この地方は奈良・平安時代には藤原氏の荘園で「小弓が荘(庄)」と呼ばれた。東に八層の森・入鹿池・尾張富士を仰ぎ、五条川・半の木川の水に恵まれています。弥生の時代から水田稲作文化が育まれ、竹林・里山の恵みも豊かな故郷を、子どもたちにつなぐ思いを綴ります。

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

16ブログ     powered by b2evolution