小弓の庄は明治40年ごろ建築の旧加茂郡銀行羽黒支店を移築した 復原施設で国の登録有形文化財。羽黒地区のまちづくり・むらおこしの 活動拠点で、地域情報の発信交流の基地です。



« 宇野藤雄画伯。孫の宇野昌磨選手を称える。By Sponichi Annex (2018.02.18.)羽黒子ども未来園 園児作品展はじまる。2月25日まで (2018.02.10) »

宇野藤雄画伯。孫の宇野昌磨選手を描く。日経記事掲載。  (2018.02.16.)

宇野藤雄画伯。孫の宇野昌磨選手を描く。日経記事掲載。  (2018.02.16.)

パーマリンク 2018/02/16 19:27:32 著者: koyuminosho メール
カテゴリ: 小弓の庄自主事業, クチコミお知らせ, 地域の情報

小弓の庄「宇野藤雄画伯コーナー」でおなじみの宇野藤雄画伯の近況が、本日2月16日土曜日の日本経済新聞社会面トップ記事で大きく紹介されました。(名古屋支社中部13版p43)

このところ話題が盛り上がる冬季オリンピック2018平昌大会。
フィギュアアイススケートに日本代表として出場する宇野昌磨選手。
活躍する勇姿をキャンパスに描く様子の写真と共に載りました。


1927年2月生まれ。来月には満91歳になられる画伯は、小弓の庄からクルマで数分の自宅兼アトリエで、毎日夜制作に精を込められています。 


キャンバスに向かい絵筆をふるわれるお姿は、日本人の生命根源の生命力・精神力・気力そのものを拝する思いです。


19世紀後半、パリ万博で紹介された歌麿・北斎・広重らの展示作品を機に起きた「ジャポニズム(日本文化・芸術の融合)」。


あれから150年。
歌舞伎、新渡戸稲造の武士道精神を経て、近現代の日本美文化・おもてなし精神・日本食文化など「モダンジャポニズム」をあらわす画家として、宇野藤雄画伯は欧米はじめ世界で注目されています。


キャンバスに向き合う宇野藤雄画伯の精気が、リンク氷上に舞うお孫さんの宇野昌磨選手が発するオーラに重なります。
*

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

 犬山市羽黒地区の、まちつくり・むらおこしの地域活動拠点が「小弓の庄」です。
 この地方は奈良・平安時代には藤原氏の荘園で「小弓が荘(庄)」と呼ばれた。東に八層の森・入鹿池・尾張富士を仰ぎ、五条川・半の木川の水に恵まれています。弥生の時代から水田稲作文化が育まれ、竹林・里山の恵みも豊かな故郷を、子どもたちにつなぐ思いを綴ります。

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

16ブログ     blog software